ラグーン有限会社 ラグーン有限会社   ラグーンネットワーク  
 
 
 
 
     
・簡単な地図と街の知識 ・モニュメントと観光地 ニューヨークの街・風景・お勧め  
     
  ニューヨークの簡単な地図
 
 
 
 
 
京都のように碁盤の目のような感じで道に名前がついていて分かりやすい。
 
  簡単ではありますがこのような形で地区わけがしてあります。
   
  ニューヨークの街の仕組みは下のページにて
   
ハーレム
  ションバーグ黒人資料図書館などがある。ジャズ・ゴスペルのルーツであり本場ブラックミュージックを堪能できる。
   
モーニングサイドハイツ
  コロンビア大学や,リバーサイド教会などの観光地があり,町並みがとても落ち着いて穏やかな通りが多いです。
   
アッパーウエストサイド
  ジョンレノンが住んでいたダコタアパートやリンカーンセンター,アメリカ自然博物館などの観光地がある。ここもまた,町並みがとても落ち着いて穏やかな通りが多く,散歩にはもってこいです。
   
アッパーイーストサイド
  メトロポリタン美術館・グッゲンハイム美術館など芸術が集まるエリア。
   
セントラルパーク
  公園内の道路はサイクリングを楽しむ人や,中に入れば大きな湖があり,緑の広い敷地では皆が読書をしたり,個人個人の時間を作れる場所。
ゆっくり日向ぼっこができる最高にゆっくりできる場所である。
   
ミッドタウン
  タイムズスクウェアをはじめ,ロックフェラーセンター,エンパイヤステートビルなどニューヨークという都会を感じさせてくれる中心地。ミュージカルも見ることができ,日本とのギャップを一番に感じさせられる場所。
   
チェルシー・グラマシー・グリニッチヴィレッジ
  おしゃれな感じが漂う街で、レンガ作りの建物や,おしゃれなカフェ・レストランも多く集う場所である。グリニッチヴィレッジではハロウィンの夜,大行進が行われる。
   
ソーホー・ノリータ・トライベッカ・ロウアーイーストヴィレッジ
  デザイナーのオリジナル商品が集い,個性的な商品を見ることができる。
  変わったものが欲しければこの地域を歩き回ると面白い。
   
ロウアーマンハッタン
  今は無き貿易センタービルの跡地にグランドゼロが建設される。
  サウスシーポートからはブルックリン橋が見え,自由の女神もバッテリーパークから見ることができ,ニューヨークの壮大なスケールを感じ取れる場所。
夕方近く足を運べば間違いなく帰りたくなくなるでしょう^^
   
  マンハッタンニューヨークの街の仕組み
 
 
     
 
縦に走る大きな道がOO番街!
 
  York Ave.から11st Ave(West End Ave.)がいわゆるOO番街である。
  6st AveのことをAve.of the Americasといったりする。
  黄色の線がブロードウェイである。
42th St.と交差するこの場所がタイムズスクゥエアとなっている。ということは
7番街と42ストリートとブロードウェイの交差上ということになる。
   
  北(Up town)に行くほど横の通り OOth St.の番号が増え
  南(Down town)に行くほど横の通り OOth St.の番号が減る。
  ストリートはセントラルパークを挟んで左がWest , 右がEastになります。
   
  これさえわかれば通りには必ず標識が付いているので,自分達の場所を把握できるでしょう。
   
  しかし,実際仕組みがわかっても電車から降りればどっちが上で、どっちが下かわからなくなってしまうことが多いと思う。
自分の足で確かめるのが一番肝心です。
  しかしこの仕組みを知っておけば、ぜんぜんといっていいほど楽になる。
   
  目的を決めその場所が何番街の何ストリートかを覚えておけば
簡単にたどり着ける。
  歩けば面白い発見がたくさんあります。数々のモニュメントをはじめ,何もかもが刺激的なものばかりです。
ニューヨークで心残りを作らないように自分の行きたいように歩いてみてください。
    Topへ戻る
 
  写真の無断使用・転送等の行為は禁止いたしております。著作権はすべてLagoon Inc.となります。  
  Copylight 2005 (C) Lagoon Inc. All Right Reserved.